家族葬・直葬儀で葬儀代を安くおさえる方法について

いつかは通らなくてはいけない、避けることができない悲しいイベントの一つとして葬儀がございます。今まで身近な存在でいてくれた方への最後の哀悼の意を表するためにきちんと葬儀を行ないたいが、急な対応を迫られることが多く、手順が良く分からないこともあって、セレモニーホールや葬儀専門会社に任せ、予想外の費用を請求されたと言った悲しいケースを聞くことがございます。葬儀は本当に専門会社を通じて行う方が合理的なのでしょうか?
昨今では葬儀にかかる費用をおさえる為に、家族葬や直葬などで済ませる方も増えてきておりますが、家族葬を手際良く、かつ費用をおさえる方法について以下にご紹介させて頂きますので、参考にしていただければと思います。

<用意,手配が必要なもの>
死亡診断書、または死体検案書の用意
棺桶の用意
別れ花、ドライアイスの用意
骨壷の用意
数珠の用意(オプション)
運搬用車両の手配(※親族に棺桶が入る車を持っている方がいない場合)
火葬場の手配
写真立て
お経の準備(オプション)

●死亡診断書、死体検案書
家族葬や直葬を自身で行う場合は、諸々の手続きを行う際に死亡診断書か死亡検案書が必要となります。火葬場へ運搬する際にも必ず必要となりますので、病院や警察から発行して頂くように依頼してください。

●棺桶の用意
アマゾン(Amazon)にて2万円程度のものを購入することが可能です。釘も使わず組立て可能なものもあり、折りたたんでコンパクトな状態で予め保管しておくことも可能です。

もっと他のタイプを見る⇒

●別れ花、ドライアイスの用意


骨壷の用意

もっと他のタイプを見る⇒

数珠の用意

もっと他のタイプを見る⇒

運搬用車両の手配(※親族に棺桶が入る車を持っている方がいない場合)
レンタカー会社から1日数千円で手配可能です。


●火葬場の手配
厚生労働省のサイトにて全国の火葬場について確認することができますので、最寄の火葬場にお問い合わせください。
全国火葬場データベース
www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/seikatsu-eisei24/


写真立て

   
もっと他のタイプを見る⇒

お経(CD)

もっと他のタイプを見る⇒

送骨
全国の送骨を受け付けている墓地・霊園一覧
http://memories-in-time.net/soukotsu/#i-8



本サイトでは、Amazonから安価なもので揃えられるようにリストアップさせて頂きましたが、他にも気になる方はAmazonまたは楽天市場よりお求めください。

家族葬・直葬・密葬のすすめ方

全国各地の火葬場情報も掲載しておりますので、ご参照ください。

ページの先頭へ